【JavaScript】Array.prototype.reduce() その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

reduceメソッドのアキュムレータ(accumulator)は、reduceメソッド内でコールバック関数が処理を進める中で累積される値を指します。このアキュムレータは各要素に対してコールバック関数が実行される際に更新され、最終的な結果として返されます。

具体的には、reduceメソッドは以下のような構造を持ちます:




array.reduce(function(accumulator, currentValue, currentIndex, array) {
  // コールバック関数の中でアキュムレータの値が更新される
  // 最終的なアキュムレータの値がreduceメソッドの戻り値になる
}, initialValue);

ここで:

accumulatorはアキュムレータであり、各要素に対する処理の途中で累積される値です。
currentValueは現在の要素の値です。
currentIndexは現在の要素のインデックスです。
arrayはreduceが呼び出された元の配列です。
initialValueは初期のアキュムレータの値であり、省略可能です。省略した場合、最初の要素が初期のアキュムレータの値となります。

アキュムレータは各要素に対する処理の中で更新され、最終的なアキュムレータの値がreduceメソッドの戻り値となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*